メディア掲載歴NEW !
訪問マッサージ 鍼灸
治療効果と施術風景
手続きと治療費
在宅マッサージ申し込み
アクセス
求人情報
リンク集
健康ブログ
メンバーブログ

 

訪問マッサージ ・鍼灸
   病院から退院したのち、リハビリを受けるために、通院するわけですが、障害が残ったり、体調がまだ回復していない身体で出向くのはご本人さまや介護者にとっては身体的にも時間的にも大変な事です。それなら、「家に来て施術をしてもらえないかしら・・・」それが私どものサービスです。
   介護保健とは違い、医療保険(国民健康保険、社会保険、老人医療保険 等)で施術が受けられます。医療保険が適応されるので安価で施術が受けられます。
施術内容はマッサージ・鍼灸・機能訓練・運動療法等患者さま個々にあったプログラムを作成し施術させていただきます。
   治療効果としては、筋緊張の緩和・痛みの緩和・血流などの循環改善・関節拘縮の改善などが期待できます。
   また、外部からの情報や会話をすることにより、コミュニケーションを図り患者さまや介護者に対して孤独感やストレスの緩和にも努めています。
 施術内容
医療マッサージ
 血液、リンパの循環や代謝を促進して浮腫(むくみ)を改善し、硬くなった筋肉をやわらかくして、痛みを  やわらげます。
運動・機能訓練
 関節を自動・他動的に動かすことで、筋力低下・関節拘縮の改善が期待できます。
現在残されている身体機能の維持・回復をはかり、日常生活動作(ADL)の向上を目標に行います。
(座位訓練・立位訓練・歩行訓練など・・・)
コミュニケーション
 利用者と信頼関係を構築していくことによって、精神的ケア(心理的効果)も期待できます。
 
対象となる方
マヒのある方 … 脳卒中・脊椎損傷・小児麻痺・その他
関節が硬く動きづらい方 … 関節拘縮・骨折・脱臼後遺症・その他
難病でお悩みの方 … パーキンソン病・ALS・関節リュウマチ・その他
歩行困難な方 … 寝たきり・車椅子・介護つき通院
 
訪問マッサージ ・鍼灸治療Q&A
 
・・・皆様より、よく頂くご質問をまとめております。ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。
 
Q1.介護保険とは違うの?
     A1.介護保険ではありませんので、介護保険の訪問リハビリと併用ができます。介護保険の範囲を気にせずにマッサージ ・鍼灸がうけられます。
Q2.どんな人が受けられるの?
     A2.筋肉の麻痺や関節の拘縮などの症状があり、歩行困難な方や寝たきり状態の方、医師により医療マッサージの必要性が認められた方が対象です。
     ・脳血管障害後遺症(脳梗塞、くも膜下出血など)
     ・脊髄損傷後遺症
     ・骨折術後の後遺症
     ・リウマチ
     ・パーキンソン病・症候群
     ・変形性膝関節症
     ・変形性脊椎症
     ・筋萎縮
     ・関節拘縮
     ・疾病のため日常生活が困難な方等
Q3.保険治療時間はどのくらいかかる?
     A3.通常は20−25分ほどです。初回に限り、問診の時間がかかります。
Q4.保険治療の料金はどれくらい?
     A4.一割負担の場合は治療費は通常420円〜程度です。
Q5.どんな治療をするの?
     A5.国家資格をもったマッサージ師 ・鍼灸師が患者さまのご自宅を訪問し、症状にあわせたマッサージ・鍼灸を施術いたします。関節可動域訓練(硬くなった関節を緩める訓練)、座位保持、離床訓練(ベットの外での生活のアシスト)などの運動療法も提供し床ずれ予防(褥瘡予防)などの観点から体位交換も行い、食事や更衣や排泄などの日常生活動作(ADL)の維持・向上を目指します。