どうして橈骨神経麻痺の回復に役に立つか?

2024/06/13

こんばんは、健康堂の冷です。昨日東京は30度を超える地域もあって、これから大変厳しい時期になりますね

今日夏の期間多発する橈骨神経麻痺について、お話できたらと思います。


橈骨神経麻痺は、手や腕の運動機能に影響を及ぼす神経障害の一つであり、特に手首の伸展が困難になることが多いです。この神経麻痺の回復期間や治療法については、原因、損傷の程度、治療法、患者の健康状態など、様々な要因が影響します。また、鍼灸がどの程度役に立つかについても解説します。


●橈骨神経麻痺の回復期間

回復の見込み

  • 軽度の麻痺軽度の圧迫や損傷であれば、理学療法や適切な休養を通じて、数週間から数ヶ月で回復することが一般的です。
  • 重度の麻痺神経が大きく損傷している場合は、数ヶ月から1年以上のリハビリテーションが必要となることがあります。その中手術を必要とする場合もあります。完全な回復が難しいケースもあるため、継続的な治療とケアが重要です。

●鍼灸の有効性

鍼灸は、橈骨神経麻痺の治療においてその有効性については以下の点が挙げられます。

疼痛緩和と炎症の軽減

  • 鍼灸治療は、疼痛の緩和や炎症の軽減に有効です。針を刺すことでエンドルフィンやその他の自然鎮痛物質が放出され、痛みを和らげる効果があります。また、鍼灸によって血流が改善されるため、炎症の軽減や組織の修復が促進されることも期待されます。

筋肉の緊張緩和と機能回復

  • 鍼灸は、筋肉の緊張を緩和し、柔軟性を向上させる効果があります。これにより、橈骨神経麻痺による運動制限が軽減され、機能回復が促進されることがあります。また、鍼灸による神経刺激が、神経の再生や機能回復を促進する可能性もあります。

全体的な健康状態の改善

  • 鍼灸は、全身のバランスを整え、免疫機能を向上させる効果があります。これにより、患者の全体的な健康状態が改善され、回復力が向上することが期待されます。

●鍼灸と他の治療法の併用

鍼灸は、理学療法や作業療法、薬物療法と併用することで、橈骨神経麻痺の治療効果を高めることができます。例えば、鍼灸で痛みや炎症を軽減しながら、理学療法で筋力や柔軟性を向上させることで、回復を促進します。

橈骨神経麻痺の回復期間は、原因や損傷の程度、治療法に大きく依存します。軽度の麻痺であれば数週間から数ヶ月で回復することが多いですが、重度の麻痺や外傷による損傷の場合は、回復までに数ヶ月から1年以上かかることがあります。

鍼灸は、疼痛緩和や炎症軽減、筋肉の緊張緩和などの面で効果があり、他の治療法と併用することで回復を促進することが期待されます。橈骨神経麻痺について、悩む方がいれば気軽に健康堂までお問い合わせください。


                    健康堂  久我山院

                         西荻窪院


合わせて読みたい: