Medical content

変形性膝関節症

変形性膝関節症

“関節軟骨の変性、磨耗による荒廃と、それに伴う軟骨および骨の新生、増殖による慢性、進行性の変形の関節疾患”です。簡単に言えば、加齢、肥満、けがなどにより、関節の軟骨が磨り減り、さらに骨が変形し痛みを生じる病気です。
明らかな原因のない、一次性関節症とけが、炎症等の後に生じる二次性関節症に分けられます。90%以上は一次性関節症です。
50歳代で発症し、65歳以上で急増します。また、1:2~1:4で女性に多い病気です。

変形性膝関節症の原因

変形性膝関節症は「一次性」のものと、「二次性」のものに大別することができます。変形性膝関節症の多くは、筋肉の衰えや肥満、無理な動作など多くの要因が絡み合って膝への負担となり、膝の関節軟骨がすり減って発症します。このように明確な原因が特定できないものを「一次性変形性膝関節症」といい、 一方、けがや病気など原因となるものがはっきりとしているものを「二次性変形性膝関節症」といいます。

一次性 ・加齢
・女性
・筋肉の衰え
・肥満
・膝への負担の大きいスポーツの習慣
・O脚や偏平足など足部の変形
・足に合わない靴およびハイヒール など
二次性 ・膝周辺の骨折による関節軟骨の損傷
・靭帯損傷
・半月板の損傷
・膝蓋骨の脱臼
・膝関節のねんざ
・慢性関節リウマチ  など

変形性膝関節症の症状

  • 初期の症状 ―朝、膝に違和感を覚える―

    朝起きて歩き始めた時の「膝の違和感」が最も早く現れる症状です。この段階では、膝に力がかかる動作で痛みがでることもありますが、この痛みは長続きせず、しばらく休むと痛みがなくなる場合がほとんどです。
    なお、症状の進行は、人によって様々で、朝の違和感だけがずっと続いて、本格的な変形性膝関節症にならない人もいます。

  • 中期の症状 ―症状が簡単には治らない―

    初期症状を放置しておくと、徐々に進行して症状が悪くなっていきます。まず、痛みがはっきりと自覚できるようになり、膝が完全に曲がりきらない、伸びきらない状態が進み、正座やしゃがみこむ等の動作が苦痛になってきます。階段の上り下りもつらく、特に下りがつらくなります。
    また、炎症が起きてくるために、膝の周辺が腫れたり、熱感をともなったり、むくんだりしてきます。さらに、膝に水がたまって膝が張っているような重くだるい感じもでてきます。
    この段階では、膝の変形がひどくなり、膝に力のかかる動きをするとコリコリ、ガリガリといった軋轢(あつれき)音が出るような感じを受けるようになります。

  • 末期の症状 ―さらに痛みがひどくなる―

    この段階になると、日常生活に支障が起こるほどの痛みになります。そのため、仕事をする、買い物に行く、旅行に出かけるなどの社会活動が思うようにできなくなります。活動範囲が狭まり、外界からの刺激が少ない生活になるとストレスがたまり、うつ状態に陥りやすくなります。また、高齢者の中には、こうした生活(家の外に出ない)が続くと、痴呆の症状が現れてくる人もいます。
    この段階では、骨の変形が相当進んできますので、外見的にも関節の変形が目立つようになります。

変形性膝関節症の治療

当院の変形性膝関節症の治療は、鍼灸治療と大腿四頭筋訓練の併用治療になります。

  1. 鍼灸治療は膝関節の痛みを取り除くことがまず第一の目的となります。

    関節の変性による膝の痛みは感覚神経を伝わって脊髄に入り、それが脳に伝わり膝の痛みを認知します。この情報は、運動神経を興奮させ膝関節周囲の筋肉や血管が緊張し、血液循環が悪くなり膝関節の痛みとしてあらわれるのです。また膝関節の変形によるメカニカルな負担は膝関節周囲の筋へ異常なストレスとして痛みや違和感を伴うわけです。このような痛みに関しては、鍼灸治療、特に鍼治療が効果的であります。

    当院は東洋医学の弁証治療した上で、独自の膝三鍼、トウ氏奇穴療法も取り組んでいます。当院も開院してから、数々の病院に見放された変形性膝関節症患者の症状が改善されました。

  2. 大腿四頭筋の筋力訓練の重要性

    膝関節痛をおこすと大腿部の前面の大腿四頭筋を中心とした筋の衰えが著明になり膝関節を支持する働きが低下をきたします。このことは治療においても重要なポイントとなります。

治療例はこちら

変形性膝関節症のの日常工夫

痛みが治まったら日常生活の工夫を
変形性膝関節症の治療は、病院へ通院することだけではありません。医師、鍼灸マッサージ師の指導にしたがって治療を行って痛みが治まってきたら日常生活を見直し、膝への負担をできるだけ軽くする工夫をすることが大切です。
ただし、早く治したいからといって、がんばり過ぎて症状が悪化したり、無理をして疲れてしまい長続きしなかったりしたのでは効果がありません。自分の体力や病気の症状を考えて、自分のペースで少しずつ毎日の生活に取り入れていきましょう。

  1. 肥満を解消する
  2. 運動不足を解消する
  3. 足にあった靴を選ぶ
  4. 和服を着る機会の多い人は、和服を脱いだら足のストレッチをする
  5. 毎日お風呂に入り血行をよくする
  6. サポーターなどを利用して膝を冷やさないようにする
  7. 杖を利用する など